Japanisch / 日本語 / にほんご / Nihongo / japanese: 次の  ページ(106)は  就任の  論文  一部ですタイトルは  以下の  通りです

デヒドロ  アスコルビン      ジケト-グロン  

反応  に関する

計算機支持された  赤 外(IR)  分光法の  助けによる

調査ドイツ語

デトレフパーゲル(Detlef Pagel) に  よって  発表  (ヘルマンシュタイン (Hermannstein)、  ヴェッツラー  郡(Kreis Wetzlar)、  ドイツ  生まれ)

ギーセン(Giessen)  1992

それは、  作者によって  タイプされて、  翻訳されて、  作者の  親切  な許可  と共に、  世界的なウェブ(World Wide Web)に  入れられま した ©2014 。
Entwurf, Plan - draft - ドラフト - 草稿
Alle rotfarbenen Wörter sind ungeprüft
All red colo(u)red words are unproofed

106

5 要約2) 

この  論文で、  アスコルビン酸  デヒドロアスコルビン酸  酸化還元系の  酸化    還元は  だけでなく、  デヒドロアスコルビン酸(DHA)から  ジケトグロン酸(DKG)までの  アルカリ加水分解の  両方は  分析されました  H–OとC=O拘束力があるグループ  を含む物質における  赤外線計測からの  確かめられた  バンドパラメータ、  規格、  および  較正  スペクトルの  助けで、  赤外分光法で  反応を観測するために  方法論は  だけでなく、  解釈の  両方は  不可欠の  サポートに  なりました

この  接続で、  ケトエノール互変異性の  問題は  アセチルアセトン    (イソ)アスコルビン 酸    研究 さ れました  その上、  双極子  モーメントの  変化に  比例し  ていること  O=C伸縮  振動  モードの  不可欠な  絶滅  係数の  平方根の  値は  比較的  近隣の  債券  グループの  アプリケーションを  介して  自分自身を変え  ていること、  が  判明した  単純  分子(ブチルアルデヒド)の中に  ケト基の  水化の3)   現象は  赤外分光学的に  追求する  できました  解決しているデヒドロアスコルビン酸の場合に、  影響力の ある 相互作用 に 起因する、  解釈はまだ あいまいです  しかしながら、  明確な  相違が  結晶性の  ビス-DHAの    含水4)   DHAの  フォームの  間に  H–Oの    O=Cの  ストレッチングの  振動の  領域に  起こりました  明瞭に、  HOグループの  重水素化は  bis-DHAで  成功しました  DHAの  鹸化の  過程に  おいて、  79.3 kJ/molの  活性化エネルギーが  ある 温度pHの 機能的な  一 貫性は  決定し ていました  重水(D2O)の  溶液からの  電子  データ  処理(EDP)の  助けで、  最大3つ6)   赤外線標準スペクトルを  切り離すことが  できました  これらは、  DHAと、  DKGと、  別の  1つ5)   レダクトンの  ような  物質  です  鹸化の  製品(DKG)の、  pH滴定によって    赤外線分光法によって  調査  pKa値は、  オキシカルボン酸の  周知の  pKaに  対応します  ペレットの  スペクトルにおける  CO2の開発は、  脱炭酸している7)   DKGにたどって戻すことができます  しかしながら、  37°C 解決策で  高い  集結で  DKGは  まだ  非常に  安定しています  DKGの  から溯源されて、  中立  アルカリ性の  pH領域では、  赤外分光法を除いて、  DKGの腐敗反応は  まだ  分光光度法、  蛍光分光法、  および  電子常磁性共鳴(EPR)分光法  質的に  調べられました  DHAとDKGの  両方からの  高い  pH値では、  ルビレッドの  物質は  開発しました  それは  空気の  影響に対して  不安定です、  そして、  ラジカル的の  過程  に関連する  場合があります  R–O  ラジカルを 指す  一つ8)   EPR1)   シグナル が  検出されました

還元    酸化が  DHAと  DKGの  不安定性  によって  影響 を及ぼされるのは、  問題が多いです  したがって、  等モル  NADH濃度は  追加  DHAの  鹸化のため  生理的なpH領域で  DHA  不完全に  だけ  還元させます  HSグループを通した  還元  が  物質を  含んでいて、  同じくらいは  有効です。  DHAの  鹸化の  同様の  見かけの  反応次数  への1つ5)   これ  のために  見つけ  られました  しかしながら、  DHAの  実際の  還元反応が  後に続く  中間の状態が  HSグループとの反応で  赤外分光学的に  立証されます  C(6)–O–C(3)環化を  作ることができるのために  ことが  できない  ことが  できる  デリバティブの  間で、  酸化  反応で、  明確で  赤外  分光学的な  違いは  見つけられました
Nota:
注 (Chū):
R: nihongo ruigigo:
C: 日本語 類義語 :
H: にほんご るいぎご :
K: ニホンゴ ルイギゴ :
Japanische Synonyme:
 1)  R: denshi supin kyōmei (ESR, EPR)
C: 電子 スピン 共鳴 (ESR, EPR)
H: でんし すぴん きょうめい (ESR, EPR)
K: デンシ スピン キョウメイ (ESR, EPR)
 2)  R: yōyaku
C: 要約
H: ようやく
K: ヨウヤク
 3)  R: suika (=hydration (eng.))
C: 水化
H: すいか
K: スイカ
R: suiwa
C: 水和
H: すいわ
K: スイワ
 4)  R: gansui (=hydrated (eng.))
C: 含水
H: がんすい
K: ガンスイ
R: suiwa3)  sa reta
C: 水和された
H: すいわされた
K: スイワサレタ
 5)  R: hitotsu
R: 1-tsu
C: 一つ
H: ひとつ
R: 1つ
K: ヒトツ
R: 1ツ
 6)  R: mittsu
R: 3-ttsu
C: 三つ
H: みっつ
H: 3つ
K: ミッツ
K: 3ツ
 7)  R: datsu-tan-san shite iru
C: 脱炭酸している
H: だつたんさんしている
K: ダツタンサンシテイル
R: datsu-tan-san o shite iru
C: 脱炭酸をしている
H: だつたんさんをしている
K: ダツタンサンヲシテイル
Anm.:
  • R = Romaji / Lateinschrift
  • C = Kanji / Chinesische Schrift
  • H = Hiragana / Jap.Silbenschrift
  • K = Katakana / Jap.Silbenschrift
Haftungsausschluss
free counters
© drpagel.de Alle Rechte vorbehalten.